大人のための安全基地づくりとは

安全基地とは

安全基地という言葉をご存知でしょうか。

子どもにとっての安全基地とは、安心して過ごすことのできる温かい家庭などをさします。

お腹が空いたらご飯を作ってくれて、髪を梳かしてくれたり、服の着替えを手伝ってくれたり、お世話をしてくれるお母さんがいて、お仕事をして家族の生活を支えてくれて、休みの日には遊んでくれて、雷が鳴って恐い時には、ぎゅっと抱きしめて守ってくれるお父さん。

“大人のための安全基地づくりとは” の続きを読む

アダルトチルドレンは克服できるのか?

お母さんに会いたい

1歳になる前に育児放棄された私は、自慢じゃないけどバリバリのアダルトチルドレンでした。

育児放棄された私

未婚でまだ10代だった母は、赤ちゃんを産んだことを世間から隠して、同じくシングルマザーだった祖母に私を預けて家を出て行きました。

“アダルトチルドレンは克服できるのか?” の続きを読む

負けるな!新米ママ

お母さんが子育てをしていて苦痛を感じるのは、子育てに関して世代間で起こるジェネレーションギャップではないでしょうか?

近頃では、電車やバスの中で大泣きする赤ちゃんをほとんど見かけなくなりました。最近の赤ちゃんは大人しくなったのかな?と思うとそうでは無くて、「公共の場で赤ちゃんが泣くとお年寄りに注意されたりして面倒くさいから」とか言う理由で、多くのお母さん達が公共交通機関の利用を避けています。

“負けるな!新米ママ” の続きを読む

言葉選びの大切さ

今から2年ほど前の話になりますが、息子がウイルス性脳炎 髄膜炎に罹り危篤状態になりました。

息子は風邪が長引いていて、診察を受けた病院から他の病院で精密検査を受けるように紹介状を書いていただき、お正月休みの期間で病院が休みの間で自宅療養している間に意識不明になって倒れたのです。 “言葉選びの大切さ” の続きを読む

ハチミツで危篤になりました

8月3日はハチミツの日だそうです。

私はハチミツで危篤になった経験があるので、新米ママさんたちが同じような辛い思いをしないように老婆心ながら書かせていただきます。

私が罹ったのは、乳児ボツリヌス症という病気です。1歳未満の乳児がボツリヌス菌芽胞を口から摂取することで発症し、蜂蜜を原因とする場合が多いとされます。

“ハチミツで危篤になりました” の続きを読む

プロのママはいません

ママさん政治家とかママさんゴルファーとかは耳にすることが有っても、プロのママっていないんです。

赤ちゃんをたくさん産めることがプロではないし、保育士さんでも子どもの成長過程の長くて数年間をお世話するだけです。赤ちゃんを産んで成人するまで育てるプロフェッショナルはいないんです。ママは全員が初心者なんです。

“プロのママはいません” の続きを読む