ADHDの子どもを社会に出すまでに必要なこと(1)

adhdの子どもの幼児期に必要なこと

ブログには何度も登場させていますが、うちの息子(28)はadhdです。

発達障害の子どもを育てることは、はっきり言ってしんどかったです。息子は、理解力はあるのですが、なにしろ親の言うことをまったく聞いてくれない子どもでした。

当時は発達障害という言葉すらありませんでしたので、幼稚園、小学校で先生の言うことを聞かない子どもは、家庭でのしつけの問題とみられていました。

“ADHDの子どもを社会に出すまでに必要なこと(1)” の続きを読む

統合失調症が愛着障害の克服で改善されたケース

誰にも知られたくない病歴

こんな小さなカウンセリングルームi-koiにも統合失調症の人が数多く来談(相談者様がカウンセリングルームに来てお話しをしていくこと)されます。

統合失調症は、若者から中年期にかけての世代で発症する、100人に1人が罹ると言われている、誰にでも起こりうる可能性のある精神疾患です。

精神科で治療を受けたいが健康保険証を使ったら会社にバレてクビになってしまうのではないか?

“統合失調症が愛着障害の克服で改善されたケース” の続きを読む

愛し方がわからない人々

2021年の日本の離婚率は35%

日本の離婚率は若干減少傾向が続いていますが、愛し合った者同士が結婚しても3組に1組は離婚する時代になりました。

結婚率が大幅に下落している日本。そんな中で結婚できる人は勝ち組といわれていましたが、結婚しても性格が合わなければ離婚するのもアリ。

もはや世間体が悪いからと我慢して婚姻生活を続ける時代ではなくなりました。

“愛し方がわからない人々” の続きを読む

大人のための安全基地づくりとは

安全基地とは

安全基地という言葉をご存知でしょうか。

子どもにとっての安全基地とは、安心して過ごすことのできる温かい家庭などをさします。

お腹が空いたらご飯を作ってくれて、髪を梳かしてくれたり、服の着替えを手伝ってくれたり、お世話をしてくれるお母さんがいて、お仕事をして家族の生活を支えてくれて、休みの日には遊んでくれて、雷が鳴って恐い時には、ぎゅっと抱きしめて守ってくれるお父さん。

“大人のための安全基地づくりとは” の続きを読む

あなたの不倫は愛着障害が原因かも

あなたが不倫をしてしまうのは、子どもの頃の愛着障害が原因かもしれません。

誰を好きになろうがあなたの自由です。ただし、あなたが誰かを好きになることによって、他の誰かが不幸になってしまう場合があります。

こんな風に言われたら、「人を好きになるのは私の勝手でしょ。好きになった人にたまたま奥さんが居ただけだよ」と言いたくなるのではないでしょうか。

“あなたの不倫は愛着障害が原因かも” の続きを読む

ADHDと愛着障害回避型

愛されたいと願い続けた子どもは愛されるのが怖い大人になる。

ADHDの子どもの中には、母親からしつけと称して叩かれるなどしたことから、母親には懐かず、祖父母の方に懐いているという話をよくお聞きします。

ADHDの子どもの子育ては大変です。ADHDの子どもは、「忘れっぽい」という特徴があり、お母さんが「ハンカチは持ったの?」と、毎日注意したとしても「忘れっぽい」のは治りません。

“ADHDと愛着障害回避型” の続きを読む

大人の愛着障害

誰かから愛されたい。恋人や子どもの愛し方が分からないと悩んでいるあなたは、もしかすると愛着障害かも知れません。

あなたが育った過程で、何らかの理由で親からの愛を受けられなかった…

子どものうちは気が付かなかったが、大人になって異性や子どもに対して愛し方が分からない。

“大人の愛着障害” の続きを読む

既婚者同士の不倫は別れられない

 

「不倫はいけないこと」なんて小学生だって分かっていることなのに、成人した立派な大人がなぜ道を踏み外してしまうのでしょうか。同じ過ちを繰り返してしまうのでしょうか。

心理学で考えると不倫には別れられる不倫と別れられない不倫があるのです。

別れられる不倫

性懲りもなく何度も不倫を繰り返しているのは大抵は既婚の、しかもマイホームパパと呼ばれている様なマメな男性です。

“既婚者同士の不倫は別れられない” の続きを読む