会社を辞めたくなった時

販売職をやっている人なら自分が販売した顧客ではないお客様からのクレームに対応しなければならないことがあるでしょうし、営業職をやっている人ならお客様の要望と会社の利益追求の間に挟まれて理不尽な思いをすることもあるでしょう。

新入社員だろうが、勤続30年のベテラン社員だろうが、お客様から見たらその会社の社員に違いはありません。お客様からのクレームは長い目で見ればいずれは会社に利益をもたらしてくれるありがたいものです。自分の顧客では無かったとしてもしっかり受け止めなければいけません。

他人のミスなのにクレーム処理を引き受けなければいけない時や、上司の指示ミスなのに自分の失敗にされてしまった時など、「もうこんな会社辞めてやる!」と堪忍袋の緒が切れることは、1度ならずともあると思います。

雇用する側とされる側の両者の悩みをお聴きしているのですが、例えばショッピングモールで働く販売業の女性で買い物客から見える場所で急に大声で泣き出すとか、入社して間もない営業職の男性で上司から叱責を受けた翌日から出社拒否をし、携帯電話も着信拒否して繋がらないので連絡の取りようがないという話をよく聞きます。

どうしても働きたくない会社でメンタルを壊してまで働き続ける必要はありません。終身雇用ではない現代は、2度3度の転職は当たり前になるでしょう。ブラック企業も多いので、就職したけれどもこんな会社では働けないので直ぐに辞めたいと思う気持ちも分かります。

しかし、会社を辞めたいと思った時に、いくつか考えて欲しいことがあります。まず会社を辞めたいと思った理由ですが、ほとんどの人がパワハラやいじめなどの「対人関係の悩み」または、サービス残業などの「賃金不払いに対する不満」だと思います。

対人関係の悩みがある人は、社員全体から無視される、いじめ、上司からのセクハラ・パワハラなどが理由でしょう。一方、雇用契約条件と違うなどの賃金に対する悩みの場合、会社は利益を追求する組織なので、安い賃金で多大の利益をもたらしてくれる社員を望むのは当然と言えば当然です。

会社を辞めたい理由が、「賃金不払いに対する不満」の場合は、ブラック企業だから会社に目を覚ましてもらおうと誰か1人が訴えたとしても組織を変えることは難しいので、転職を選択するのも良いでしょう。

もう一方の「対人関係の悩み」の、無視やいじめ、セクハラの場合は上司に相談して配置換えを考えてもらう方法も良いでしょう。パワハラの場合は、しっかりとした証拠が無い限りもみ消されてしまう場合が多いので転職が良いでしょう。

最後に新入社員で退職しようか悩んでいる場合ですが、おそらくは学生時代の友達の話を聞いて、友達の勤め先と自分の勤め先を比較して、自分はお給料や勤務条件などが悪い会社に就職してしまった。もっと慎重に選べば良かったと後悔しているのではないでしょうか?

1年や2年の経験と実績で転職活動をしても今よりも条件の良い会社に転職できる可能性はそこまで高くありません。転職活動中の無給になってしまう期間のリスクなどをよく考えた上で退職をするべきで、会社に対してどんなに腹が立ったとしても突然何の連絡もしないで出社拒否をするなどの行動は会社にも本人にもデメリットしかありませんので慎むべきです。

データーをとったわけではないのですが、新入社員にもマリッジブルーのような時期があるように思います。本当にこの人(会社)で良かったんだろうか?と心が揺れる時期です。たいていの人が入社3か月前後で心が揺らぐのではないでしょうか?

でもちょっと我慢すればボーナスが出ます。アルバイト時代には貰ったことが無かったボーナスを初めて手にすると、急に正社員としての自覚が出てきて、人が変わったように仕事に取り組める人がいます。この人は「何のために自分は働くのか」を悟った人なので二度と気持ちが揺れなくなるから不思議なものです。

 

 

 

 

就活うつと就職先選び

今年も売り手市場と言われている来春卒業予定の大学生の就職活動ですが、思うように内定が貰えずに苦戦している大学生が多いのが現状で、実は7人に1人は就活うつになっているといわれています。年々増え続ける就活うつに伴い、うつ病になって自殺する人も増加しています。

“就活うつと就職先選び” の続きを読む

極度の緊張は社会不安障害かも

「人前で緊張して上手く話せないんです」と言う話は良くお聴きします。学生時代に人前で代表の挨拶をする時など、みんなの視線を感じて緊張して手に汗をかいたとか、顔が真っ赤になった、話をしている途中で何を話そうとしていたのか頭が真っ白になって分からなくなったと言うのは良くあることです。

“極度の緊張は社会不安障害かも” の続きを読む

就活うつと広場恐怖症

大学生は就職活動が始まるとゼミ以外の日は、ほとんど学校に行くことが無くなると思います。たまたま大学内で友達に会うと「誰々は内定が何社出たらしい」「誰々は大学院を目指すらしい」と言った話題が中心になることでしょう。

企業では人手不足が続き、今年も就職は売り手市場と言われていますが、就活生の気持ちとしては、オリンピック景気はどこ吹く風の就職氷河期なのではないでしょうか。

“就活うつと広場恐怖症” の続きを読む