既婚者同士の不倫は別れられない

 

「不倫はいけないことです」なんて小学生だって分かっていることなのに、成人した立派な大人がなぜ過ちを繰り返してしまうのでしょうか。

心理学で考えると不倫には別れられる不倫と別れられない不倫があるのです。

別れられる不倫

性懲りもなく何度も不倫を繰り返しているのは大抵既婚の男性です。例えば25歳の独身女性と社内不倫関係になった既婚男性のケースを見てみましょう。

付き合ってから5年経つと女性は30歳になり、友人の半分は結婚している状況で、そろそろ結婚を考え出す頃です。

女性が「彼は奥さんとは上手く行っていないと言っていたから、そろそろ離婚が成立するはず…」と考える頃、口に出さなかったとしても男性は不穏な気配を感じ取り、あっさり気持ちが離れて別の25歳くらいの女性と関係を持ってしまいます。

このような男性と付き合うと、例え本当に奥さんと別れて結婚できたとしても、幸せなのは略奪愛の勝者としての自己満足感が続く数年間だけです。

その後は、夫が40歳になっても50歳になっても性懲りもなく25歳くらいの若い女性との浮気を繰り返すのに悩まされることになります。

人は好みの食べ物が変わらない様に、男性は歳をとっても好きな女性のタイプは変わりません。

「25歳くらいの女性がタイプ」なら自分が50歳になっても80歳になっても「25歳くらいの女性」が好きなタイプなのです。

心理学では、自分は変わることができても相手を変えることはできません。お付き合いしていても相手の「女性の好み」を変えることはできないと思った方がいいでしょう。

人を愛する時は他人から奪ってでも手に入れたいと思うものです。

でも、冷静に考えると人のものだから良く見えるだけなのかも知れません。

自分のものになったら「ただの若い子好きのおじさん」かも知れませんね。

 

別れられない不倫

先にも述べましたが、人を愛する時は他人から奪ってでも手に入れたいと思うものなのです。

その極論が愛するが故、手に入らないのなら、他人の手に渡すくらいなら殺してしまいたいと思う感情です(ダメですよ!)。

同じ不倫関係でも、既婚者同士の不倫だとお互いの家庭で離婚が成立しない場合に「どうにもならないから無理心中」を考える人もいるようです(ダメです!)。

既婚者同士の不倫は5年とか10年続くケースが多いです。

お互いに結婚生活を続けながら不倫パートナーとの関係を保つのは相当なエネルギーを使うと思うのですが、そのエネルギーを十分補える存在だから続くのです。

感情的に愛し合っている確信があったり、肉体的に求め合う気持ちが一致していたり、お互いの家庭では得られないものを不倫のパートナーとの間には得られるから10年も続いてしまうのです。

「相手のことを自分の魂の半分のカタワレの様に感じている」と感じるのは、性欲だけとか、背徳感でドキドキするからとか、刺激があるから不倫をするのとは全く別物の魂のレベルの結びつきです。

もし、魂のレベルで結びついてしまったら、他人や社会が2人を引き離そうとしても死ぬまで離れられません。