6月はジューンブライド。では3月は?

毎年3月になると、5年以上音沙汰が無くて

ラインの交換すらしていない旧友から数件のメールが届きます。

でも、読まなくても内容は分かっています。

「久しぶり~!元気?」と、決まってハイテンションで始まり、

「旧姓に戻りました~(^▽^ 」

「すっきりした~!」こんな感じです。

子供の卒業式と同時に離婚届を出しました!という報告メールなんです。

それまでは、「離婚すると子供の名字が変わってしまうから可哀そう」

と言う理由で、長年我慢していたものが、

紙切れ1枚で一気に解き放たれるのでしょうね。

 

個人的には人間はストレスをかかえ過ぎると、

うつ病などの形で必ず体調に現れてくると思っているので、

離婚したとしても「顔も見たくない」

「話す内容も無くなって存在すら認めたく無くなってしまった夫」と、

我慢して同じ空気を吸っているよりは、

笑って過ごせる自由な人生を歩めればベストだと思っています。

 

ただ1つだけお願いしたいのが、

お子さんに「あなたの為だから、お母さんは我慢しているの。

あなたが卒業するまで離婚できないのよ」

とは、言わないで欲しいです。

 

子供には親の人生を決めることが出来ません。

子供にとっては、赤ちゃんの時だろうが、

成人してからだろうが、

両親の離婚が悲しいことには変わりないです。

 

その上、「あなたの為だから我慢してるのよ」と、

自分のせいにされたらどうでしょうか?

 

「私のせいで両親の仲が悪くしてしまったの?」

「私のせいでお母さんが悲しんでいるの?」

と感じたらどうでしょうか?

 

愛のある家庭が判らなくなったお子さんが、

不安を引きずったまま成長して、将来良になったり、

登校になったり、大人になって倫に走ったり・・・

 

ね?怖いでしょう?

 

だからこう言って欲しいです。

「お母さんはね、〇〇ちゃんと2人で生活する方が楽しいの。

お母さんと一緒に頑張って貰えるかな?

これからも宜しくね!」

 

いつまでも子供だと思っていても、

心は大人になっているものです。

 

お母さんが生き生きと生活をしていたら

「ちょっとダメな所はあるけど明るいお母さん」を見て、

きっと良い子に育ちますよ。