カウンセリングルームの特徴

カウンセリングルームi-koiの特徴

i-koiの「i」と「koi]の間のー(ハイフン)は、「i=愛」を大切にしているカウンセリングルームと言う強調の意味で付けました。

i-koiでは「愛」がある傾聴を心がけて、あなたの心の「いこい」の空間となるようにつとめ、カウンセリングの終了後もずっとあなたを、あなたの家族の1人としてささえていけるような、かかわりを心がけています。

i-koi(いこい)では対面・電話カウンセリングの2タイプの心理カウンセリングを行っております。対面カウンセリングのみでは遠方の方のご利用が難しいのと、不登校やひきこもりのお子さんを1人で置いての外出が困難なお母さんにもご利用しやすいように、電話での相談をメインにしています。

また、うつ病とかではないので、心理カウンセリングと言うとなんだか気が引けるという方もいらっしゃると思います。

しかし、誰にでも「イライラが我慢できない」、「不満が爆発しそう」な日はあると思います。そんな日は、当日にお話し可能な「傾聴サービス」をお勧めしています。ママ友に公園でおしゃべりするような感じで、誰でも気軽にお話ができるサービスです。

お子さんの不登校で悩んでいませんか?

お子さんの不登校などの悩みは、自分の悩み以上に難しい問題ではないですか?今、お子さんの気持ちが解らないのは、お母さんのせいではありません。

お母さん自身が不登校を経験したことが無いのに、不登校の対応すべてをお母さんの責任にされても、対処が解らないのは当然です。

でも、お子さんが不登校なのには必ず理由があります。

カウンセリングルーム i-koi(いこい)では、多くの不登校のお子さんが学校へ通ってくれた経験をもとに、お子さんが不登校というかたちをとって「本当はお母さんに訴えたいこと」をいっしょに探すお手伝いをしています。

不登校の理由を探していたらADHDが原因だったというケースも多くあります。ADHDは心の病気ではありません。ADHDのお子さんは、感情を言葉で表現すことが苦手なので子育てはとても大変です。お子さんへの応が適切でないと不登校からひきこもりにつながることがあります。

また、赤ちゃんを産んで2週間後くらいからひどく気分が落ち込んで元気が出ない、寝不足なのに寝付けないなどの症状は、産後うつの可能性があります。産後うつは必ず治るうつ病ですが、初期の段階でしっかり治さないと育児放棄や幼児虐待につながることがあります。

カウンセリングルームi-koi(いこい)では、相談者様の悩みに応じた相談スタイルを提供することを心がけています。恋愛相談、家族の相談、対人関係など、不安やイライラは心に溜めこまずに、あなたが辛いなと感じたら、まずはお電話で気軽にお話してみてください。

カウンセリングルームi-koi(いこい)では、お子さんのこころの負担を軽くし、お母さんのお子さんへの接し方を考え直す「お母さんの心のケア」をメインに電話でカウンセリングをしています。

子育て経験者だからこそ、その悩みの解決方法がわかることもあります。不登校だけでなく、うわさになると困るあまりご近所には知られたくない悩みや、仲の良い友達には話せない悩みを、女性カウンセラーが心を込めてお聴きします。

クライエントとの関わりについて

あなたの立場、目線で関わります

あなたが現状どんなに苦しい状態なのか、つらい状態なのかをご相談内容だけでなく、声のトーン、話の間合いからも想像して、情景を浮かべながらカウンセリングをおこないます。そのためにも情報は多い方がより効果的なカウンセリングを行いやすくなりますので、必要に応じて質問もおこないます。

クライエント自ら答えを見つける関わりをします

カウンセラーがクライエントに答えを提示したり、自身の価値観や判断によってクライエントにアドバイスをしていたのではカウンセリングとは言えないと考えています。クライエントが自ら考え、答えを見つけるサポートに徹する態度がカウンセリングや「傾聴」には必要な姿勢と考えています。

秘密厳守を徹底しています

カウンセリングルームi-koi(いこい)では、個人情報を厳重に管理しています。秘密厳守を徹底しています。お客様の大切な個人情報を御相談者の例などで、インターネット上に載せることはございませんのでご安心ください。

 

子育て奮闘ブログはこちら