大人になって見つかる女の子の発達障害

私には男女1人ずつの子どもがいますが、発達障害を持っているのは息子だけです。娘はとても素直で明るくて友達も多く、成績も良い子でしたので、発達障害は無いと思っています。しかし近年、何の問題もないと思っていた女の子が社会人になってから発達障害と診断されるケースが急増しています。

大人になってから発達障害と診断されるには理由があります。誤解されがちですが、決して社会人になってから発達障害になるのではありません。もともと発達障害を持っていたのですが、忘れ物や遅刻の多い子として見落とされていたものが大人になって初めて診察受けるから見つかるのです。

本人も発達障害に気が付かずに就職をして、社会人になってみたが遅刻を繰り返したり、サービス残業など会社の方針についていけなかったりするうちに、通勤で電車に乗ろうとするとなぜか涙が出るなど、出勤することが困難になってからようやく心療内科を訪れて発達障害が見つかるケースがほとんどです。

比較的女の子は、お母さんの言うことを聞いて素直に育つので、おとなしい子、手のかからないのが良い子として成長します。女の子の発達障害によく見られるのは、ADHDの中でも不注意の傾向が強く出て、多動性は弱くなります。

もともとADHDは女の子よりも男の子に多いので、ADHDの男の子は授業中に出歩いたり、大声で話すなどの行為が目立つため、教師から常に叱られています。女の子に発達障害があったとしても、提出物をよく忘れる子とか、教科書を無くしてしまうような子は比較的多いのであまり目立たないのです。

発達障害を持つ女の子は、大学卒業くらいまではお母さんの言われたとおりに生活をするので特にトラブルも起こりません。良くないのは、まだ子どもだからと母親が手をかけすぎてしまい、身の回りのことを自分ですることが出来ないまま成人してしまうケースです。

もし母親が毎朝、娘を起こしに行かないと会社に間に合うように起きることが出来ない。社会人になっても自分のお弁当1つ作れないようでしたら、今すぐ母親が行動を改めなければなりません。

子どもがまだ小学生でしたら、玄関でお母さんが「ハンカチ持った?傘を持った?」と声をかけていても仕方がないのですが、注意のし過ぎは子どもの成長を妨げます。中校生になる頃には自分で判断する力を身に着けさせた方が良いです。

大学生になって1人暮らしをさせてみたが、ずっと受験勉強で忙しかったのでお米のとぎ方が分からない。人生で1度もトイレ掃除をしたことが無い事が自慢だと言う女性もいますが、結婚後に掃除すべてをやってくれるメイドさんがいる生活が出来るのはごく一部の裕福な方だけです。

家事全般ができなくて結婚後に程無く離婚して実家に戻ってきて、引きこもりやうつ病を患うことが無いように、母親の子どもへの過干渉に気を付けていただきたいものです。