ADHDの眠気

若いお母さんの中には、小学生のお子さんが、「もしかしたらうちの子は発達障害なのかも知れない」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

発達障害についてインターネットで検索をして、発達障害の子どもの特徴を調べた方もいらっしゃると思います。

インターネット上には、発達障害の子どもの特徴をチェックしてその数字を合計して診断する「ネット診断」があります。

なかにはネット診断の結果だけを見て、「うちの子は発達障害なんだ」と自分のお子さんの将来を悲観して学校教育をあきらめてしまう方がいます。

しかし、専門医でも診断が難しいのが発達障害です。できれば「ネット診断」だけで大切なお子さんの将来をあきらめないでいただきたいです。

学校教育についていえば、発達障害のすべてのお子さんに学習障害がある訳ではありません。

一言で発達障害と言っても、とても幅が広く、お子さんの成長過程で専門家の支援が必要な場合もあれば、行動面で少し出来ないことが多いけど、学習障害は無くて他のお友達と一緒に教育を受けられる場合がほとんどです。

例えば、小学校の低学年のADHDのお子さんの場合は、おしゃべりが大好きで授業中に先生のお話しを聴くことが出来ないかも知れません。

しかし見方を変えると、それは先生にお話ししたいことがあるから発言してしまっているのです。

今すぐ先生やお友達に話したいことがあるからおしゃべりしてしまっているだけで、学習障害がある訳ではありません。

小学校低学年のうちに、授業中はお話ししたいことがあっても先生のお話しを遮ってはいけないことをしっかりと教えて、それをお子さんが理解することが出来れば、授業の邪魔になるからと廊下に出されたり、特別教室に行く必要はありません。

小学校入学前を考えてみて下さい。つい先日まで幼稚園や保育園の園庭で遊ぶことが子どもの仕事だった筈なのに、小学校に入学したとたんに黙って椅子に座って学習をしなければいけないのです。

はたして幼稚園や保育園など異なった環境で生活していた、知らない子どもたち同士が1つの教室に集められて全員が黙って授業に集中出来るものでしょうか?

保育園で育った子どもなら給食を食べたら眠くなって当然です。お友達と喧嘩をして泣いたら先生が抱っこしてくれたのに、35人(35人学級は小1までそれ以上は40人学級)近い子どもを担任の先生が受け持つのです。

ADHDの子どもは空気を読むのが苦手です。意見の食い違いから友達と喧嘩してしまうこともあります。

自分の思い通りにならない時に奇声を上げる子どももいれば、泣き出す子どももいるかも知れません。ベテランの先生だったとしても子どもたちが一斉に騒ぎだしたら収集が付かなくなることもあるでしょう。

発達障害のある子どもはその特徴も様々で、自分の思ったことを先生の質問よりも先に発言して授業の進行を乱すこと、目立つことがカッコいいと思ってしまう子どももいます。

先生にとっては授業がやりづらいと思いますが、逆に考えればその子はしっかり授業を聴いていて授業をリードしているということです。

発達障害の子どもは、先生が個人名を出して「〇〇さん、黙って下さい」と叱ると、授業中はかたくなに黙り込んでしまうので避けたいものです。

発達障害の子どもは、自分が興味を持った事柄に関しては貪欲な知識欲があるので、教科書に書いてある内容より、先に自分で調べて学習してしまっている子どもも多くいます。

発達障害の子どもは友達と一緒に活動したり人に合わせることが苦手です。特にADHDの子どもは学校に居るだけで友達との関係に気を使って膨大なエネルギーを消費するので、すでに知っている内容の授業や、自分の興味のない授業は全く耳に入らずに眠くなってしまうのです。

授業中は私語を慎むように注意されたADHDの子どもで、学習の遅れが出ていたら、発達障害のうちの学習障害が直接の原因ではなく、学校に居る間に膨大なエネルギーを使うために、授業中に眠くなって授業を聞いていられないのが原因かも知れません。

小学校低学年の内は、1日10時間を目安に睡眠時間をしっかり確保しましょう。

 

更年期に突入しました

私事で恐縮ですが、更年期に突入しました(汗)。最初は、「今年は猛暑日が続いているから、エアコンの風がさえぎられている位置に居るので汗が噴き出てくるのだ」と、勝手に思っていました。

ところが、起きている時だけでなく、夜寝ている時でも食事中でも、予告なし、待ったなし、容赦なしにいつでもどこでも、突然ぶわ~っと汗が噴き出るのです。通称、ホットフラッシュと言われる発汗です。

その汗の量はすさまじく、顔中に汗が噴き出して汗の玉だらけになり、お化粧が流れ落ちてしまうほどです。頭皮からも、湯気が出ているのではないかと思うほど汗が吹き出し、前髪もトップも濡れてべったりとおでこに張り付きます。脇の下からも背中からも噴き出した大量の汗が服に染み込んで、大きな逆三角形の汗染み模様を作ります。

若い女性の汗なら、前髪が濡れたり、汗で服が透けたりすればセクシーに見えるかも知れませんが、50代のおばさんが大汗かいている姿は、見苦しいとか汗臭いと思われるのではないかと恐縮するばかりです。

今は夏なので服が乾くのが速いのですが、冬になったらもっと大変なのではないでしょうか。まだ体験していませんが、汗をかくくらい体温が急上昇してから、汗で濡れた服で体が冷えて体温が急降下する訳ですから、体温の変化を考えると夏よりも冬の方が厳しそうです。

ホットフラッシュがやってくる時間は不規則で、まったく予測が出来ないところが困ります。仕事中に人と会話している時などは、相手の方から顔の汗が見られてしまうので本当に恥ずかしいです。

でも、汗を気にしていたらカウンセリングの仕事はできません。カウンセラーなのだから自分で出来る対策は何かないのか?と思って調べてみました。

ホットフラッシュは、女性ホルモンが急激に減少することによって自律神経が乱れて血管の拡張と収縮の調整が上手くできなくなっておこる現象です。

イライラ、のぼせ、ほてり、動悸、息切れなどの症状が出てきたら素直に病院に行くことにして、少しでも症状を軽減できる方法がないのでしょうか?

血流を良くするには、毎日ストレッチをするのが良いとのこと。運動嫌いな人でも朝起きた時や寝る前に15分くらいベッドの上でストレッチをする程度なら続けられそうです。

血管をきれいにするには、毎日バナナを2本以上食べると良いと国営放送で観たばかりなので即実行できました。食事で納豆などの大豆たんぱくやコラーゲンなどを積極的に摂取して骨や肌のうるおいもキープします。

更年期うつを予防するため日頃からストレスを溜めないように心掛け、イライラしていると感じた時は、自分自身で行なえる複式呼吸法や、怒りでカッカした時は、6秒怒りを言葉に出さないアンガーコントロール法、マイナス思考になって落ち込んでいる時は、認知行動療法で心のケアをしていこうと思います。

女性ホルモンの減少を防ぐには、恋をするのが良いようです。50代で既婚の場合は、実際に恋を始めるのは現実的ではないので、疑似恋愛がお勧めだそうです。映画やテレビドラマを観て若い俳優さんにときめいて画面に向かってわーきゃーしたりするだけで十分に活性化されそうです。

生きていれば誰でも歳をとるものです。無理に年齢に抗わず、辛くなったら病院に頼って女性ホルモン充填治療をお願いしようと思っています。

それまでは、「更年期障害になってしまった。年々、重い症状が出て塞ぎ込むようになったら家族に迷惑がかかる…..」などと考え込まず、「今まで50年も頑張ってきたのだから、もうそろそろきれいなお姉さんも引退宣言だよね~!」くらいどっしりかまえて、揺らぎ年齢をやり過ごしましょう。

 

 

会社を辞めたくなった時

販売職をやっている人なら自分が販売した顧客ではないお客様からのクレームに対応しなければならないことがあるでしょうし、営業職をやっている人ならお客様の要望と会社の利益追求の間に挟まれて理不尽な思いをすることもあるでしょう。

新入社員だろうが、勤続30年のベテラン社員だろうが、お客様から見たらその会社の社員に違いはありません。お客様からのクレームは長い目で見ればいずれは会社に利益をもたらしてくれるありがたいものです。自分の顧客では無かったとしてもしっかり受け止めなければいけません。

他人のミスなのにクレーム処理を引き受けなければいけない時や、上司の指示ミスなのに自分の失敗にされてしまった時など、「もうこんな会社辞めてやる!」と堪忍袋の緒が切れることは、1度ならずともあると思います。

雇用する側とされる側の両者の悩みをお聴きしているのですが、例えばショッピングモールで働く販売業の女性で買い物客から見える場所で急に大声で泣き出すとか、入社して間もない営業職の男性で上司から叱責を受けた翌日から出社拒否をし、携帯電話も着信拒否して繋がらないので連絡の取りようがないという話をよく聞きます。

どうしても働きたくない会社でメンタルを壊してまで働き続ける必要はありません。終身雇用ではない現代は、2度3度の転職は当たり前になるでしょう。ブラック企業も多いので、就職したけれどもこんな会社では働けないので直ぐに辞めたいと思う気持ちも分かります。

しかし、会社を辞めたいと思った時に、いくつか考えて欲しいことがあります。まず会社を辞めたいと思った理由ですが、ほとんどの人がパワハラやいじめなどの「対人関係の悩み」または、サービス残業などの「賃金不払いに対する不満」だと思います。

対人関係の悩みがある人は、社員全体から無視される、いじめ、上司からのセクハラ・パワハラなどが理由でしょう。一方、雇用契約条件と違うなどの賃金に対する悩みの場合、会社は利益を追求する組織なので、安い賃金で多大の利益をもたらしてくれる社員を望むのは当然と言えば当然です。

会社を辞めたい理由が、「賃金不払いに対する不満」の場合は、ブラック企業だから会社に目を覚ましてもらおうと誰か1人が訴えたとしても組織を変えることは難しいので、転職を選択するのも良いでしょう。

もう一方の「対人関係の悩み」の、無視やいじめ、セクハラの場合は上司に相談して配置換えを考えてもらう方法も良いでしょう。パワハラの場合は、しっかりとした証拠が無い限りもみ消されてしまう場合が多いので転職が良いでしょう。

最後に新入社員で退職しようか悩んでいる場合ですが、おそらくは学生時代の友達の話を聞いて、友達の勤め先と自分の勤め先を比較して、自分はお給料や勤務条件などが悪い会社に就職してしまった。もっと慎重に選べば良かったと後悔しているのではないでしょうか?

1年や2年の経験と実績で転職活動をしても今よりも条件の良い会社に転職できる可能性はそこまで高くありません。転職活動中の無給になってしまう期間のリスクなどをよく考えた上で退職をするべきで、会社に対してどんなに腹が立ったとしても突然何の連絡もしないで出社拒否をするなどの行動は会社にも本人にもデメリットしかありませんので慎むべきです。

データーをとったわけではないのですが、新入社員にもマリッジブルーのような時期があるように思います。本当にこの人(会社)で良かったんだろうか?と心が揺れる時期です。たいていの人が入社3か月前後で心が揺らぐのではないでしょうか?

でもちょっと我慢すればボーナスが出ます。アルバイト時代には貰ったことが無かったボーナスを初めて手にすると、急に正社員としての自覚が出てきて、人が変わったように仕事に取り組める人がいます。この人は「何のために自分は働くのか」を悟った人なので二度と気持ちが揺れなくなるから不思議なものです。

 

 

 

 

傷付きたくないから引きこもる

多くのお母さんがよく誤解されているのですが、「子どもが引きこもっている原因は、家が好きだから」と言うのは誤りです。「お母さんが好きだから家にいる」と言うのも誤りです。

引きこもっている人は、社会に出て自分が傷つくのが怖いから家にいるのです。お母さんのことが嫌いだから、家庭環境に不満があるから、そんな自分に気付いて欲しくて家にいます。

昔の子どもには親に殴りかかるとか、物を投げつけて壁を壊すなどの反抗期がありましたが、現代の子どもたちにはほとんど見られません。

現代の子どもにだって社会や家庭環境に対する怒りの感情はあるはずなのですが、「暴れても無駄だから」と言って行動を起こさない。もしくは、「暴れるなんてダサい」と怒りの感情さえ湧かなくなっている子どももいます。

両親は優しくて、げんこつで頭を殴る雷おやじは姿を消し、まるで姉妹のように母親と娘の仲の良い家庭が多く、恋の相談や秘密は友達に打ち明けずに母親に話したり、大学の卒業旅行を友達とでは無く家族と行く学生もいます。

現代の子どもたちは、親の言付けを素直に聞き、親の勧める習い事を掛け持ちでこなし、親の勧める学習塾に通います。プロを目指してスポーツに励む子どももいます。子どもたちは、昔に比べれば子どもの習い事にかかる教育費が跳ね上がっていることを知っていて、両親に対して習い事をさせてもらえることを素直に感謝しています。

現代の子どもたちは優しい子が多く、親は教育熱心で、親子共に暴力を振るうようなことはありません。子どもは親の期待に応えようと頑張って大学受験をしますが、人を蹴落としてまで何が何でも有名大学に入ろうとするようなタイプは少なくなり、大学で自分にあった道を探そうとしています。

親が勧める大学に浪人をせずに現役で通い、親が喜ぶような企業に就職して、まさに親の敷いたレールの上を順調に走るのですが、就職後に初めて挫折を味わうことになります。

学生時代までは、親の喜ぶことやったり、親の勧めに従う「素直な良い子」を演じていれば良かったのが、就職して半年もすると何でも自分で考えなければならなくなります。

新入社員の頃は優しい上司だったとしても、半年、1年も経てばミスをしたりノルマを達成できなければ叱責される事があります。ところが、それまで順調に来た「育てやすい良い子」ほど、叱責されることに慣れていないのです。

学生時代に良い子や優等生だった人は、それまでは親から「あれをしなさい、これをしなさい」といった指示待ちの人生です。素直な良い子は、「言われたこと」は、そつなくこなせるのですが自分で考えて行動することは苦手です。

極端な人は、上司から「次は頑張りなさい」と言われたことを叱責されたと感じてしまったり、「いつまでも学生気分でいるんじゃない」と言われて、「この会社は自分には合いません」と言って退職(翌日から出社拒否)してしまった例もあります。

転職活動しようとしたけど「何となく面倒だから」と言う理由で転職活動をあきらめてニートを始める人や、何社か面接を受けたが上手くいかなくて自信を無くして引きこもってしまう人もいます。

素直な良い子なので、やはり心のどこかで親の期待に応えたいと言う思いが強く、インターネットでサラリーマンの数倍の収入を得られた等の記事を読んで「自分は起業が向いていそうだから」と思って情報商材の購入に大金をつぎ込んだが騙され、自信を無くして引きこもる人もいます。

優しい良い子だった人は、学生の頃からの指示待ちの癖が抜けていないので、インターネットの情報に振り回されやすい傾向があります。騙されたことを親に言えずに抱え込んでしまい、対処法をインターネットで調べてさらに借金を重ねてしまう人もいます。

インターネットには、「会社にしばられたくないなら起業すれば良い。サラリーマンの数倍も楽に稼げる」と言うような広告がたくさん出ています。ここでもまた、自分で考えずに他人が敷いたレールに乗ろうとしています。それに気付かずに指示された通りにやれば儲かると思っているのです。

何度も面接に落ち続ければ、自信が無くなるのも当然です。でも、引きこもりを続けていたら引きこもっている年数が長ければ長いほど、社会復帰は難しくなります。現在、61万人いる引きこもりの世代別では40代がピークです。

引きこもりの子どもが50歳になる頃に親は80歳になります。親の死亡などにより年金がなくなったら生活保護をあてにしている人が数十万人いたとしたら、全員を救う体力が日本に残っているでしょうか?

引きこもりは家が好きだから家にいるのではありません。傷付きたくないから引きこもっているのです。老後を考えて、安全な働き先を見つけて1日でも早い社会復帰をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負けるな!新米ママ

お母さんが子育てをしていて苦痛を感じるのは、子育てに関して世代間で起こるジェネレーションギャップではないでしょうか?

近頃では、電車やバスの中で大泣きする赤ちゃんをほとんど見かけなくなりました。最近の赤ちゃんは大人しくなったのかな?と思うとそうでは無くて、「公共の場で赤ちゃんが泣くとお年寄りに注意されたりして面倒くさいから」とか言う理由で、多くのお母さん達が公共交通機関の利用を避けています。

例えば、上の子どもが3歳で下の子どもが1歳の時に乳児検診に電車で行くとします。ふらふら歩き回る上の子の手を引いて片手で下の子が乗るベビーカーを押すのは危険です。仕方なく上の子をベビーカーに乗せて歩き回らないようにして、下の子を抱っこする方法で駅まで行けたとしても、駅のホームでベビーカーを畳む時にたった数秒でも上の子の手を離せば転落の危険があります。

上の子をベビーカーに乗せたまま電車内に入ってからべビーカーを畳むのが1番安全に電車に乗る方法なのですが、電車内ではベビーカーを畳む決まりになっていてお年寄りから大声で注意され、トラウマになってしまったママがいます。お年寄りの声に驚いた赤ちゃんが泣き出せば事情を知らない人から「電車で子どもを泣かせるな!」と非難されることもあります。

自分で歩き回ることが出来る3歳の子どもは一瞬でも目が離せないのに、「電車に乗る前のホームにいるうちにベビーカーを畳むのが常識だ」と怒鳴るお年寄り。お年寄りは、昔の自分たちの若い頃の常識を押し通してしまいがちなのです。

人間は歳を取ると頭が固くなって他人の言うとを聞かなくなるのは仕方がないことです。脳の機能が衰えて、昔のことは良く覚えていても新しいことを受け入れて理解するのが難しいので、自分の常識から外れていることや気に食わないことがあると考えを変えられずにどんどん頑固になります。

お年寄りは、新しいことを受け入れてそれを理解するのが苦手です。そして自分が今まで正しいと思ってきたことを押し通したい気持ちが強く、他人と上手にコミュニケーションをとることが出来ません。意思の疎通が難しいと、ちょっと注意するつもりがついつい怒鳴り声になってしまうのです。

新米ママにとっての宿敵は、育児に対していちいち口を出してくる義理のお母さまではないでしょうか?最近の子育て方法は昔とは違うのに、「昔はああだった、こうだった」と言われれば誰でもうんざりします。

出産直後の女性は、ホルモンの関係で赤ちゃんを誰にも触らせたくない時期があります。しかし、どんなに愛する我が子でも夜中の授乳や夜泣きが毎晩続けば寝不足になり、産後2ヶ月くらいからは産後うつになりやすくなります。

産後うつは怖い病気です。それまで目の中に入れても痛くないほど愛おしかった赤ちゃんが可愛いと思えなくなる病気です。酷い場合は、育児放棄や幼児虐待に発展します。自分が産んだ子供を捨てるなんて人間のすることではないのに、それが悪いと分からなくなってしまう怖い病気です。

では、産後うつにならないためにはどうしたら良いのでしょうか?そこで登場していただくのが宿敵の義理のお母さまです。子育ての経験があって、愛する息子の子どもの顔を見たくて手ぐすねを引いている筈です。

義理のお母さまに自分の子育ての方針をしっかり伝えた上で、例え数時間でも上の子どもを預かって貰えれば、美容院に行く時間も取れます。結婚前の様に、たまには自分のためにお金を使って気分をリフレッシュ出来れば、また育児を頑張ろうという気分になれます。

電車の中で子どもに対して怒鳴るような頑固なお年寄りは、一人暮らしで話し相手がいない孤独な方に多いです。お孫さんが出来たばかりの頃から一緒に子育てに加わって育児方法を勉強している優しいおじいちゃん、おばあちゃんは、よその子どもに対しても怒鳴ったりはしません。

子どもは国の宝物です。みんなで大切に育てられたら良いですね。