カウンセラー紹介

2018年11月ハワイにて

自己紹介

はじめまして。あゆみママと申します。美術大学を卒業後、建築設計事務所、マーケティングリサーチ会社などで働きながら、2人の子育てを経験してまいりました。

ADHDの息子が成人して子育てが一息ついたので、カンボジアにボランティアとして2ヶ月程滞在した時に、日本で心を病んで旅に出たバックパッカー数名に出会いました。

かつてはエリートと呼ばれ、競争社会で全力疾走し続けた末に鬱になり、逃げるようにアジア各国を放浪し、カンボジアに流れ着いた方たちでした。

日本は物質的にも環境的にも恵まれていて医療設備も整っています。電気や水道が整備されていないカンボジアに比べればはるかに生活しやすいはずなのに、なぜ彼らは「日本に帰るのが怖い。帰れない」と言うのか?日本よりもカンボジアの方が「生きやすい」ってなんでだろう?

カンボジアには就労支援のボランティアで行ったはずなのに、いつの間にか日本人の事ばかり考えていました。適切な治療が受けられない外国で、鬱の症状が悪化して身体が動かなくなって帰国することも出来なくなってしまった人を、いったいどうやったら救えるのか?この人たちが生きる気力を持ってくれるには、どうしたらいいんだろう?知識のない私にいったい何が出来るのだろう?

それが心理学を学んでみたくなったきっかけでした。

インターネットを見れば様々な情報があふれるほど載っていますが、あなたとまったく同じ人生を歩んで、同じ悩みを持っている人はいないので、あなたの悩みにぴったり当てはまる情報はなかなか見つかりません。インターネットには血液型占いのような、すべての人に当てはまる情報しか載せられないからです。

一人一人の悩みの解決方法を一緒に考えて見つけられるような、心理カウンセリング終了後もずっとあなたを支えていけるような「こころのホームケア」を担当させていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

認定資格

  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 メンタル心理士カウンセラー資格取得
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 上級心理カウンセラー資格取得
  • 一般財団法人日本能力開発推進協会認定 行動心理士資格取得

 

子育て奮闘ブログはこちら